TOEICなど就職活動に有利な資格の話

就職活動を数年後に控えた学生さんや転職活動をしている人の間で専ら話題になるのが、就職に有利な資格は何かということでしょう。就職活動で有利な資格というか求人の幅が広がるのが、普通自動車免許です。外回り営業など仕事上、車に乗る機会は多く求人の中には普通自動車免許が必須となっているものも珍しくありません。次に語学力を見るTOEICや実用英語技能検定が挙げられます。ただ、大学生となるとTOEICは600点前後はとりたいものですし、実用英語技能検定は準1級レベルが大学卒業レベルに相当します。次にとっておきたい資格として挙げられるのが、秘書検定です。秘書検定の内容は秘書に求められる知識ですが、ビジネスマナーの知識を問う検定でもありますから、基本的なビジネスマナーの知識があることのアピールになります。なお就職活動では秘書検定は2級以上を求められます。

TOEIC試験対策では最初に目標点数を設定しよう

TOEIC試験対策を始めようとする時にまずやるべきことは、どれくらいのスコアを狙うのかというターゲットを設定することです。例えば、600点を目指しているのであれば6割の問題に正解すればいいわけですし、700点であれば7割に正解することができるように対策や勉強の計画を立てればいいわけです。このターゲット設定をしておくと、TOEICでよく出てくる単語を隅から隅まで覚えようとしなくていいわけですし、試験中に分からない単語が出てきても600点を目指しているのであれば、「40%は分からなくて当然」といった心構えで臨めるので、余計なプレッシャーを感じることはありません。それらの分からない英単語はその都度、少しずつ覚える努力をしていけばいいわけなので、最初から完璧主義にこだわってしまって、自分自身に余計なプレッシャーを与えてしまわないようにすることが、勉強を長続きさせるために大切です。

TOEICの出題パターンを把握しよう

TOEICの試験を初めて受けようとする人がまず試験対策としてやるべきことは、頻出の問題パターンを把握することです。TOEICで出題される問題には、パートごとに読まなくても解答出来る問題から初心者が解くのは難しい難問まで様々なパターンがあります。これらの問題の出題パターンの傾向をあらかじめ予想した上で勉強をスタートすれば、初心者であっても確実に点数を取ることができます。また、何度も受けていると次第に分かってくるので引っ掛かることは少ないですが、TOEIC問題の中には初心者が引っ掛かりやすいひっかけ問題がいくつも存在します。これらのひっかけ問題のパターンも事前に把握しておけば、実力以上のスコアを取ることも可能になるでしょう。まずは出題者側の意図を読み解くために、出題パターンを細かく把握し、それに合わせた勉強をするようにしましょう。